Home » 歴史・家紋

鱗紋 -北条家とモンゴル、その因縁の紋- 正岡子規、川端康成、白鵬...

15 1 月 2009 No Comment


三つ鱗紋は北条家の紋として知られている。

その昔、北条時宗が家運興隆を祈念して、江ノ島弁才天に参った際に、女房が現れた。
その女房が北条家の家運上昇を予言した後、大蛇になって海中に姿を消した。
そして、その後に残った鱗三枚を持ち帰って北条家の家紋としたというのである。

この三つ鱗は、北条氏が滅びた後も、戦国時代の後北条家も含め家紋として採用した。
今でも、弁財天では波と組み合わせて三つ鱗紋を定紋としている。
写真は、吉祥寺の弁財天の提灯。

さて、この三つ鱗だが、モンゴル出身の横綱・白鵬の紋である。
今から700年前の元寇を迎え撃った北条時宗と同紋というのは、これいかに。

横綱になったことで、日本を制圧したことの印として元寇の復讐を果し、念願の相手の大将の家紋を奪い取ったということなのだろうか。
あるいは、この三つ鱗を身に付けることによって、日本の味方になり、もう一人の横綱・朝青龍を迎え撃つ覚悟の印として三つ鱗を採用したということなのか。

いずれにしても、興味深い。

また、19世紀初末のウィーン分離派の巨匠・クリムトの「幸福への憧れ」にも三つ鱗と同様の文様が見られる。
実際、日本の家紋台帳はヨーロッパに輸出され、アール・デコの芸術家のネタ本になっていたという。
もしかしたら、この絵画に描かれている三つ鱗は、クリムトが、日本美術に影響を受ていたということの証なのかもしれない。

さて、鱗紋の全国分布だが、福岡、大分、大阪、和歌山、三重、神奈川で30位に入っている。
ちょうど、瀬戸内海を通って、太平洋に出て関東までのルートにこの紋が散見されるというのも、面白い。
元々、海上民のシンボルだったのかもしれない。

鱗紋を持つ有名人は以下だ。


北条高時 。1303年 - 1333年7月4日、 武士。
第9代執権北条貞時の三男。鎌倉幕府第14代執権在任中に奥州で蝦夷の反乱、安藤氏の乱、正中の変、元弘の変が起きる。新田義貞の鎌倉へ侵攻の際、菩提寺の鎌倉・東勝寺にて自刃。画像はその東慶寺にて撮影した北条鱗紋。


北条早雲 。1432年 - 1519年9月8日、 武将、戦国大名。
室町幕府の政所執事を務めた伊勢氏の出自。関東一円を支配する戦国大名に成長する北条氏の基礎を築いた。早雲の活動は東国の戦国時代の端緒として歴史的意義がある。後北条家の家紋は北条鱗(ただし早雲の使用は未確認)。


種子島時堯 。1528年 - 1579年10月21日、 種子島の領主。
種子島氏の第十四代領主。島津氏に属した。種子島に漂着したポルトガル商人から鉄砲を購入。鉄砲を分解させて調べさせ鉄砲製造に成功。種子島銃は、戦国時代に大きな影響を及ぼす。画像は青山霊園の種子島家分家の墓所にて撮影。


平野長泰 。1559年 - 1628年6月8日、 武将。
尾張津島の出身で、若年にて秀吉に仕えた。賤ヶ岳の戦いで「賤ヶ岳の七本槍」と称えられた。関ヶ原の戦いでは東軍に付き、旗本として徳川秀忠に仕えた。徳川秀忠旗下で旗本として仕え、子孫は九代続いて明治まで生き残る。


横井小楠 。1809年9月22日 - 1869年2月15日、 儒学者。
肥後国出身。横井家は桓武平氏北条氏嫡流に発する。松平春嶽の政治顧問として招かれ、福井藩の藩政改革、幕政改革をする。また、私塾四時軒を開き坂本龍馬井上毅らにも影響を与える。家紋の丸に三つ鱗紋は甥・横井左平太の谷中霊園墓所にて撮影。


島田魁 。1828年2月29日 - 1900年3月20日、 新選組隊長。
美濃国方県郡出身。庄屋近藤伊右衛門の次男。名古屋城内の御前試合で優勝し大垣藩の嶋田才に見初められ養子となり嶋田家を継ぐ。江戸に出て心形刀流を修得。箱館まで戊辰戦争を戦い抜く。西本願寺の夜間警備員として一生を終える。


児島惟謙 。1837年3月7日 - 1908年7月1日、 司法官。
宇和島藩出身。宇和島藩士・金子惟彬の二男。津田三蔵によるロシア皇太子暗殺未遂事件(大津事件)の際には大審院長として司法権の政治部門からの独立を守り抜き護法の神と評価された。家紋は三つ鱗紋。画像は品川・海晏寺にて撮影。


山縣有朋 。1838年6月14日 - 1922年2月1日、 政治家。
萩城下近郊の阿武郡出身。長州藩の中間・山縣有稔の長男。奇兵隊に入って頭角を現し新政府では日本陸軍の基礎を築き国軍の父と称される。内閣総理大臣(第3、9代)。最終階級は元帥陸軍大将。家紋は丸に大和桜紋と三つ鱗紋。画像は護国寺にて撮影。


南貞助 。1847年 - 1915年、 英語学者、実業家。
長州藩出身。高杉晋作の義弟。(高杉の父親・小忠太の妹の子で、養子となる。)イギリスに留学。日本で始めて国際結婚(相手は英国人ライザ・ピットマン)をしたことで知られている。家紋は丸に一つ鱗紋。画像は青山霊園の墓所にて撮影。


磯野計 。1858年9月 - 1897年12月14日、 実業家。
美作国津山出身。父は津山藩士。読みは、いそのはかる。弁護士から郵便汽船三菱会社社員を経て、横浜で明治屋を創業し、麦酒販売などを行なう。。家紋の子持ち亀甲に三つ鱗紋は青山霊園にて撮影。現在でも明治屋のロゴに三つ鱗が残っている。


横井時敬 。1860年1月29日 - 1927年11月1日、 農学者。
肥後熊本藩士横井久右衛門時教の四男。種籾の塩水選種法を考案。東京農業大学学長として日本最初の私立農学校を大学に昇格させる。「稲のことは稲に聞け、農業のことは農民に聞け」という名言を残す。家紋は丸に三つ鱗紋。画像は多磨霊園にて撮影。


入沢達吉 。1865年1月31日 - 1938年11月8日、 医師。
越後国出身。父恭平は藩医。宮内省侍医局勤務後、入沢内科を創始・主宰。日本内科学の確立に貢献。十二指腸虫の感染経路追究などの寄生虫症、レントゲン診断学応用、血色素測定法などの研究をする。家紋は北条鱗紋。画像は谷中霊園にて撮影。


正岡子規 。1867年10月14日 - 1902年9月19日、 俳人・歌人。
伊予国温泉郡出身。松山藩士・正岡常尚の長男。本名は常規。俳句・短歌・新体詩・小説・評論・随筆など多方面に渡り創作活動を行い日本の近代文学に多大な影響を及ぼす。家紋は丸に鷹の羽紋と丸に三つ鱗紋。画像は子規系図の三つ鱗紋。


川崎卓吉 。1871年3月8日 - 1936年3月27日、 官僚、政治家。
広島県賀茂郡広村に医師の二男として出生。福島県知事、台湾総督府内務局長、殖産局長を歴任。第1回選抜中等学校野球大会の始球式を務めた。政治家としては民政党幹事長、文部大臣、商工大臣を務める。家紋は丸に三つ鱗紋。青山霊園にて撮影。


河東碧梧桐 。1873年2月26日 - 1937年2月1日、 俳人・随筆家。
愛媛県温泉郡千船町にて河東坤の五男として出生。正岡子規に野球を教わる。同級生の高浜虚子を誘い子規より俳句を学ぶ。子規が没すると新聞『日本』俳句欄の選者を子規より受け継ぐ。家紋は丸に三つ鱗紋、副紋は笹竜胆紋。


南俊二 。1882年9月28日 - 1961年12月29日、 実業家。
大阪府出身。製鉄業、砂金鉱業、セメント業に携わった後に、大阪造船所設立。戦後は南氷洋漁業権を確保。億万長者の一人に数えられた。合理的節倹主義の経営方針をつらぬく。日本造船工業常任理事。瓜輪に三つ鱗紋。画像は多磨霊園の墓所にて撮影。


御船千鶴子 。1886年7月17日 - 1911年1月19日、 超能力者。
熊本県宇土郡松合村にて、漢方医・御船秀益の二女として生まれる。三井合名会社の依頼で福岡県大牟田市にて透視を行い、万田炭鉱を発見して謝礼2万円を得る。東京帝国大学の福来友吉助教授が「透視」の研究に彼女を使う。家紋は六つ鱗紋。


川端康成 。1899年6月14日 - 1972年4月16日、 小説家。
大阪府大阪市北区此花町(現在の天神橋付近)に医師の子として生れる。『伊豆の踊子』『雪国』『千羽鶴』『古都』など日本の美を表現した作品を発表。1968年に日本人初のノーベル文学賞を受賞。家紋は北条鱗、画像は鎌倉霊園にて撮影。


西竹一 。1902年7月12日 - 1945年3月22日、 陸軍軍人。
東京市麻布区麻布笄町出身。男爵西徳二郎の三男。通称:バロン西。ロサンゼルスオリンピック馬術障害飛越競技の金メダリスト。第二次世界大戦に従軍、硫黄島の戦いで戦死。家紋は三つ鱗紋。鱗の背景の草は月桂樹か。画像は青山霊園にて撮影。


横井英樹 。1913年7月1日 - 1998年11月30日、 実業家。
愛知県中島郡の貧しい農家に生まれ東京日本橋の繊維問屋に丁稚奉公。進駐軍出入りの商人となり一財産を築く。白木屋の株買占めや東洋郵船設立による海運業への進出を行う。ホテルニュージャパンの買収で脚光を浴びた。画像は多磨霊園にて撮影。


緒形拳 。1937年7月20日 - 2008年10月5日、 俳優。
東京府東京市牛込区出身。1965年、大河ドラマ『太閤記』の主役に抜擢される。『楢山節考』『火宅の人』で日本アカデミー賞最優秀男優賞受賞。代表出演作品は『鬼畜』『復讐するは我にあり』など多数。家紋の丸に三つ鱗紋は獅子吼霊園にて撮影。


ジャガー横田 。1961年7月25日 - 、 女子プロレスラー。
東京都荒川区出身。本名は、木下利美。初代全日本シングル王者、WWWA世界シングル王座など数々のタイトルを獲得。現在はタレントとしても活躍。愛息・大維志君の七五三時の黒紋付の家紋より、三つ組み合わせ鱗紋と判断。


白鵬翔 。1985年3月11日 - 、 大相撲力士。
モンゴル・ウランバートル市出身。父ジグジドゥ・ムンフバトはモンゴル相撲で6度の優勝。メキシコ五輪のレスリング重量級でも銀メダリストの国民的英雄。第69代横綱。歴代の不知火型・横綱では史上最多の優勝回数を誇る。家紋は丸に三つ鱗紋。


黒川圭介 。1890年頃 - ?、 「風立ちぬ」の登場人物。
宮崎駿の漫画「風立ちぬ」の登場人物。主人公・堀越二郎の上司。仕事に対して厳しい反面、二郎の天才性を高く評価しドイツ留学を推薦した。また、二郎と菜穂子との結婚の仲人を務める。その結婚式の時に使用した提灯、妻の紋付より三つ鱗紋と断定。

有名人の家紋索引(あ行~さ行) (た行~わ行)
まさむね

Comments are closed.