Home » 歴史・家紋

梶紋 -永遠の敗者として奉られた軍神の紋- 小松帯刀、加山雄三、安倍晋三...

16 1 月 2009 No Comment


梶紋は、諏訪大社の神紋と知られている。

ご存知の通り、諏訪大社は、建御名方神(たけみなかたのかみ)を奉ってる。
この建御名方神は天孫降臨の際に、大国主神(おおくにぬしのかみ) の子として、建御雷神(たけみかづちのかみ)と戦うが、敗れ、諏訪の地に逃れ、奉られたという。
実は、建御名方神が奉られてある諏訪大社は、ちょうど、ライバル、建御雷神が奉られてある鹿島神宮の真西にある。
建御雷神は、建御名方神に対する優位を永遠のものにしようとしたのだ。
東と西、大相撲でも東の方が西よりも格上とされる伝統はここから来ている。

しかし、不思議なのは、むしろ多くの武士にとって人気を博したのはこの敗れた神(建御名方神)だったということだ。
梶紋は、この建御名方神を軍神として崇めた武士たちの発展とともに広まったのである。

全体としては、30位に入っていないが、諏訪大社のお膝元の長野県(15位)、山梨県(8位)。群馬県、愛知県、東京都、岐阜県、徳島県、鹿児島県では30位に入っている。

梶紋を持つ有名人は以下。


諏訪頼重 。1516年 - 1542年8月31日、 信濃国の戦国大名。
諏訪頼満の嫡孫・諏訪頼隆の子。上原城城主。武田信玄によって上原城を攻められ降伏。弟の頼高と共に武田氏の本拠・甲府に連行され東光寺に幽閉された後に自刃。2007年のNHK大河ドラマ「風林火山」では小日向文世(画像)が演じた。家紋は梶の葉紋。


安島帯刀 。1811年 - 1859年9月23日、 政治家。
三河譜代の名門、戸田氏の嫡流・戸田松平家の分家の出自。幕府内の海防掛に徳川斉昭、戸田忠太夫、藤田東湖らと共に参与。また水戸藩で日本発の軍艦 旭日丸の建造に参与するなどして日本の海防に功績を残す。回天神社祭神。家紋は丸に立ち梶の葉。


松浦武四郎 。1818年3月12日 - 1888年2月10日、 探検家。
伊勢国一志郡須川村の郷士松浦桂介の四男。松浦家は、肥前国平戸の松浦氏の一族で中世に伊勢国へ来たといわれている。1844年に蝦夷地探検に出発。その探査は択捉島や樺太にまで及んだ。北海道という名前を考案した。画像は染井霊園の墓所にて撮影。


手塚律蔵 。1822年7月25日 - 1878年11月29日、 蘭・英学者。
防州小周防村生まれ。父は医師の手塚治孝、母は瀬脇氏。墓所には後に改名した瀬脇寿人の名前が見える。英語の重要性を早くから認識。桂小五郎にも英語を教えた。門人から西周津田仙など優れた英学者を輩出。家紋は立ち梶の葉紋。青山霊園にて撮影。


小松帯刀 。1835年12月3日 - 1870年8月16日、 幕末の薩摩藩士。
薩摩国出身。島津久光に重用され西郷大久保などの下級藩士と藩主とを繋ぐ役として重要なポジションをこなした。帯刀の紋は一般的には抱き鬼菊の葉とも言われているが小松家は禰寝氏の流れのため梶紋の流れを汲む抱き鬼梶の葉とみなす。


鶴田皓 。1836年2月12日 - 1888年4月15日、 法制官僚。
佐賀藩多久邑出身。父は多久家家臣。読みは、つるたあきら。江木鰐水に学ぶ。江藤新平に命じられ司法省調査団として井上毅らと渡仏。陸軍刑法、海軍刑法、旧商法、他を起草。元老院議官。家紋は平戸梶紋。画像は谷中霊園の墓所にて撮影。


鮫島尚信 。1845年4月4日 - 1880年12月4日、 外交官。
薩摩国鹿児島城下山之口馬場町の薩摩藩藩医、鮫島淳愿の子として生まれる。薩摩藩の留学生としてロンドンで学ぶ。「外国交法案内」を著す。仏特命全権公使時代に、条約改正に尽力。家紋は丸に立ち梶の葉紋。画像は青山霊園の墓所にて撮影。


鮫島員規 。1845年6月14日 - 1910年10月14日、 海軍軍人。
薩摩国出身。藩士の長男。読みは、さめしまかずのり。日清戦争時には常備艦隊兼連合艦隊参謀長として黄海海戦に参加。最終階級は海軍大将。養嗣子鮫島具重は岩倉具視の孫。家紋の七つ葉梶紋は「華族家系大成」による。


ジョルジュ・ブスケ 。1846年3月3日 - 1937年1月15日、 法学者。
フランス・パリ出身。日本で初めての御雇い外国人として、当初民法草案の策定に関わった。後に、司法省法学校で法学教育を行う。また、日本での見聞をまとめた『今日の日本』を出版した。家紋は梶の丸に地紙紋。画像は青山霊園の外国人墓地にて撮影。


山本権兵衛 。1852年11月26日 - 1933年12月8日、 政治家。
薩摩国鹿児島郡出身。日本海軍のオーナーと言われた。また内閣総理大臣時代には軍部大臣現役武官制を廃止した。最終階級は海軍大将財部彪山路一善上村従義松方乙彦の岳父。家紋は抱き鬼梶の葉紋。画像は青山霊園の墓所にて撮影。


有賀長雄 。1860年11月13日 - 1921年5月17日、 社会学者。
大坂出身。家は国学者の家系。陸軍大学校、東京帝国大学、早稲田大学などで憲法、国際法を講じる。日清戦争、日露戦争には法律顧問として従軍。著書『社会学』は日本初の体系的な社会学的著作。家紋は鬼梶の葉に二本筆紋。青山霊園の墓所にて撮影。


横河民輔 。1864年10月28日 - 1945年6月25日、 実業家。
兵庫県明石市出身。医師の息子。建築家としては帝国劇場、三越日本橋本店等を設計。実業家としては計測・制御機器メーカーの電気計器研究所(現横河電機)を創業した。墓所の家紋の梶の葉は、葉が七枚の変わり紋。画像は多磨霊園の墓所にて撮影。


小坂梅吉 。1873年11月8日 - 1944年12月2日、 実業家、政治家。
信州・伊那出身。上京し上野輪王寺の御用商人となる。銀座に小松食堂を開業。 日比谷公園の内の松本楼を入手。孫文の支援者で日活の創業者・梅屋庄吉とは姻戚関係。衆議院議員、貴族院議員を務める。家紋は丸に梶の葉紋。画像は谷中霊園にて撮影。


安倍能成 。1883年12月23日 - 1966年6月7日、 教育者。
愛媛県出身。読みは、あべよししげ。松山城下の小唐人町に生まれる。妻は藤村操の妹。法政大学教授、京城帝国大学教授、第一高等学校校長、貴族院勅選議員、文部大臣、学習院院長を歴任。家紋の丸に立ち梶紋は安倍家(晋太郎、晋三)と同じという。


有賀幸作 。1897年8月21日 - 1945年4月7日、 海軍軍人。
長野県上伊那郡朝日村出身。読みは、あるがこうさく。戦艦大和最後の艦長として有名。坊ノ岬沖海戦にて米海軍空母艦載機386機の攻撃を受け、「大和」は沈没。有賀も沈没した大和と運命を共にした。戦死後、海軍中将に昇格。家紋は梶の葉紋。


白井勇 。1898年6月19日 - 1984年4月12日、 政治家。
山形県鶴岡市出身。東京帝大出身。農林省に入省後、米穀局で食程政策を担当。終戦とともに食糧庁の検査課長として食糧行政機構と農産物検査制度の確立に尽力。後に参議院議員を4期務め大蔵政務次官、逓信委員長等を歴任。画像は多磨霊園にて撮影。


杉狂児 。1903年7月8日 - 1975年9月1日、 俳優。
福岡県福岡市地行東町出身。本名は、杉禎輔。戦前はマキノ・プロダクション、河合映画、日活などに出演し、歌手として「うちの女房にゃ髭がある」など映画の主題歌も歌っている。家紋は立ち梶の葉紋。家紋画像は、世田谷区北烏山・妙寿寺にて撮影。


新田潤 。1904年9月18日 - 1978年5月14日、 小説家。
長野県上田市出身。本名は半田祐一。高見順らと『人民文庫』を創刊、プロレタリア作家として活動。戦後は風俗小説も書いた。代表作は『片意地な街』『太陽のある附近』『禁断の果実』『色事師と女』等。家紋は梶紋。画像は谷中・瑞松院にて撮影。


諏訪望 。1912年7月20日 - 1999年10月6日、 精神科医。
信濃国の医家の家系。読みは、すわのぞむ。キリスト者として深い信仰に生きた。著書は『急がずに休まずに ―精神医学とキリスト教 』 『最新精神医学』『精神科臨床の基本』『精神医学とともに60年』。家紋は丸に梶紋。画像は多磨霊園の墓所にて撮影。


瀬戸内寂聴 。1922年5月15日 -、 小説家。
徳島県徳島市塀裏町出身。仏壇店を営む三谷家に出生。読みは、せとうちじゃくちょう。代表作は『夏の終り』『花に問え』『場所』等多数。谷崎潤一郎賞、芸術選奨文部大臣賞等多数の文学賞を受賞。瀬戸内家の家紋は丸に鬼梶の葉紋。徳島県立文学書道館からの情報。


神彰 。1922年6月27日 - 1998年5月28日、 興行師。
北海道函館市出身。後復興期にドン・コサック合唱団、ボリショイ・バレエ団、ボリショイサーカなどを招聘した。1962年に作家有吉佐和子と電撃結婚するも、2年後の1964年に離婚。家紋は丸に立ち梶の葉紋。墓所は函館・立待岬にある。


瀬川昌治 。1925年10月26日 -、 映画監督、脚本家。
東京市神田区神保町の官吏の家に出生。『ぽんこつ』で監督デビュー。1960年代に数多くの喜劇シリーズを監督。代表監督作は『図々しい奴』『乾杯!ごきげん野郎』等。また、テレビドラマ『赤いシリーズ』『スチュワーデス物語』等の脚本も手がける。


里見浩太朗 。1936年11月28日 - 、 俳優、歌手。
静岡県富士宮市出身。本名は佐野邦俊。芸歴が半世紀を越える時代劇俳優。代表出演作は『大江戸捜査網』『闇を斬る!大江戸犯科帳』『松平右近事件帳』『水戸黄門』等。また、演歌歌手としても多数リリースしている。家紋は立ち梶の葉紋。


加山雄三 。1937年4月11日 - 、 俳優、歌手。
神奈川県横浜市出身。祖父は鹿児島出身の陸軍大佐。父親は俳優の上原謙。母は女優の小桜葉子(岩倉具視のひ孫)。代表出演作は『若大将シリーズ』。『君といつまでも』『サライ』の作曲者としても有名。画像は多磨霊園にある父親・上原謙の墓所より。


米長邦雄 。1943年6月10日 - 2012年12月18日、 将棋棋士。
山梨県南巨摩郡増穂町出身。タイトル獲得数19期は歴代5位。永世棋聖の称号を保持。紫綬褒章受章。3人の兄達は頭が悪いから東大へ行き、自分は頭が良いから将棋指しになったという言葉は有名。家紋の丸に立ち梶の葉紋は蓮華寺にて撮影。


ねじめ正一 。1948年6月16日 - 、 詩人、小説家。
東京都杉並区出身。本名は、禰寝正一。父は俳人のねじめ正也(高円寺北口商店街の乾物屋)。代表作は、『高円寺純情商店街』『荒地の恋』など。熱狂的な長嶋茂雄、巨人ファンとしても有名。家紋は薩摩国禰寝氏の末裔ということで、梶紋と判断。


中沢新一 。1950年5月28日 - 、 宗教学者、文化人類学者。
山梨県山梨市出身、歴史学者の網野善彦は叔父。ネパールでチベット仏教の修行を行い帰国後現代思想研究の成果を駆使して著作活動を開始。代表作は『チベットのモーツァルト』『悪党的思考』等。家紋の丸に梶紋は、大伯父・中澤眞二の墓所にて撮影。


安倍晋三 。1954年9月21日 - 、 政治家。
東京都出身。安倍家は山口県長門市の豪家。父親の晋太郎も有力政治家であったが志半ばで亡くなる。第90代、第96代内閣総理大臣。「戦後レジュームからの脱却」を旗印に本格的保守政権を目指す。画像は冨士霊園・安倍家の墓所にて撮影。


下条みつ 。1955年12月29日 - 、 政治家。
長野県松本市出身。祖父・下条康麿は文部大臣、父・下条進一郎は厚生大臣を務めた。また母方の祖父は、経団連初代会長・石川一郎。衆議院議員(3期)。羽田グループに所属。家紋は松皮菱に梶紋。画像は染井霊園の下条康麿の墓所にて撮影。

有名人の家紋索引(あ行~さ行) (た行~わ行)
まさむね

Leave your response!

You must be logged in to post a comment.