Home » 歴史・家紋

矢紋 -幸福を射止める武具または神具- 世阿弥、曲亭馬琴、石原裕次郎...

19 1 月 2009 No Comment


矢は、武器であると同時に、儀礼や呪具でもある。
屋島合戦で、那須与一が平家の扇を射落としたのは有名な故事であるが、おそらく武士はこの紋に武運を託したのである。

また、時代が下ると、幸せを射止める神具としての矢という性格が強くなる。

三ツ矢サイダーの起源は、宮内省の御料工場であったが、後に三菱に払い下げられたという。三つ矢と三菱のマークをあわせて現在のマークが誕生した。
この「三ツ矢」の由来は、平安時代中期に摂津源氏の祖源満仲が住吉大社(大阪市住吉区)の神託に従い「三つ矢羽根の矢」を放ち、矢の落ちた多田(現在の兵庫県川西市市内)に居城を建てたという伝説による。
なお、炭酸水として使用された平野鉱泉は満仲が狩の際に発見したと伝えられている。

矢紋の全国分布であるが、滋賀県が最高の13位。兵庫県、岡山県で16位が高いところ。全国的には21位。

有名人は以下。


世阿弥 。1363年? - 1443年9月1日、 猿楽師。
幼名は鬼夜叉、二条良基より藤若の名を賜る。観阿弥と共に猿楽を大成し能楽を完成。観世流として現代に受け継がれている。代表作は『高砂』『井筒』『実盛』。元の家紋は十本矢車だが現在の観世流は十二本矢車(斎海寺にて撮影)。


片桐且元 。1556年 - 1615年6月24日、 武将・大名。
近江国浅井郡須賀谷の浅井氏配下の小領主・片桐直貞の子として生まれる。織田信長に仕えた後、石田三成らと共に長浜城時代の羽柴秀吉の家臣として仕えた。「賤ヶ岳の七本槍」の一人。家紋は片桐違矢。画像は青山霊園の片桐家の墓所にて撮影。


支倉常長 。1571年 - 1622年8月7日、 武将。
羽州置賜郡長井荘立石邑に生まれる。山口常成の子。伯父支倉時正の養子となる。伊達氏の家臣。文禄・慶長の役に従軍して朝鮮に渡海。慶長遣欧使節団を率いてヨーロッパまで渡航し、ローマでは貴族に列せられた。家紋は、違い矢に右卍紋。


服部半蔵 。戦国時代から江戸時代初期、 武士。
松平氏~徳川氏の麾下で活躍。半蔵門の由来となる。「伊賀の影丸」「あずみ」などのフィクションに登場。藤子不二雄の「忍者ハットリくん」は服部半蔵の子孫。家紋は源氏輪に並び切り竹矢筈。画像は護国寺の別の服部家の墓所にて撮影。


狩野探幽 。1602年3月7日 - 1674年11月4日、 絵師。
京都出身。狩野孝信の長男として生まれる。江戸城、二条城、名古屋城などの公儀の絵画制作に携わり、大徳寺、妙心寺などの有力寺院の障壁画も制作した。山水、人物、花鳥など作域は幅広い。家紋は丸に三つ並び矢。池上本門寺の狩野家墓所にて撮影。


荻生徂徠 。1666年3月21日 - 1728年2月28日、 儒学者・思想家。
江戸出身。本姓は物部氏。父は5代将軍徳川綱吉の侍医。徳川綱吉側近で幕府側用人の柳沢吉保に抜擢される。朱子学に立脚した古典解釈を批判し古文辞学を確立。主著は『弁道』『太平策』『政談』。家紋は丸に違い矢紋。画像は三田・長松寺にて撮影。


曲亭馬琴 。1767年7月4日 - 1848年12月1日、 読本作者。
江戸深川の旗本・松平鍋五郎の屋敷の用人、滝沢興義の三男として生まれる。本名は瀧澤興邦。24歳の時に山東京伝の弟子となり、読み本作家となる。代表作は『椿説弓張月』『南総里見八犬伝』等。家紋は八つ矢車紋。画像は茗荷谷の深光寺にて撮影。


下岡蓮杖 。1823年3月24日 - 1914年3月3日、 写真家。
伊豆国下田中原町出身。読みは、しもおかれんじょう。通称は久之助。父は浦賀船改御番所の元、下田問屋六十三軒衆の一人だった。横浜を中心に活躍した上野彦馬らと並ぶ日本最初期の写真家。家紋の丸に三つ並び日の丸矢紋は肖像写真より判断。


安場保和 。1835年5月14日 - 1899年5月23日、 官僚・政治家。
肥後細川藩出身。読みは、やすばやすかず。先祖の安場一平は赤穂事件で大石内蔵助の切腹を介錯。岩倉使節団に加わり欧米を視察。帰国後、福島県令等を務める。次女・和子は後藤新平に嫁ぐ。家紋は中陰三つ寄り矢筈紋。画像は吉祥寺の墓所。


宝生九郎 。1837年7月10日 - 1917年3月9日、 能楽師。
能楽シテ方宝生流16世宗家。本名は知栄。維新後衰退した能楽界にあってその復興の中心を担い初世梅若実櫻間伴馬とともに「明治の三名人」と並び称される。多くの後進を育て宝生流のみならず能楽界全体の発展に力を尽くす。家紋は九本矢車紋。


日下部鳴鶴 。1838年10月6日 - 1922年1月27日、 書家。
彦根藩士・田中惣右衛門の次男。本名は東作。中林梧竹、巌谷一六と共に明治の三筆と呼ばれる近代書道の確立者の一人である。門下生は3000人を数えたと言われ「日本近代書道の父」と評される。家紋は六つ矢車紋。画像は豪徳寺の墓所にて撮影。


梶原平馬 。1842年 - 1889年3月23日、 会津藩家老。
会津藩出身。内藤家に生まれ、梶原景保の養子となる。梶原家の遠祖は梶原景時。藩主松平容保が京都守護職在任中は側近として仕え、会津戦争の際には会津若松城に籠城し、政務を総監した。また、西郷頼母を追放した。家紋は丸に違い矢紋。


品川弥二郎 。1843年11月20日 - 1900年2月26日、 政治家。
長州藩出身。足軽の家柄。松下村塾に入門して吉田松陰から教えを受ける。尊王攘夷運動に奔走し薩長同盟の成立に尽力。「トコトンヤレ節」の作詞者。第1次松方内閣内務大臣時代に白根専一とともに選挙干渉を行なう。家紋は、丸に割り違い矢紋。


安岡金馬 。1844年4月4日 - 1894年2月21日、 海援隊士。
土佐郡福井村出身。安岡家は代々、庄屋の家柄。読みは、やすおかきんま。坂本龍馬の知遇を得て、長崎で海援隊に参加。維新後、土佐商会で順海丸の船将、大津裁判所の判事を務める。家紋の八つ矢車紋は、父・忠郷の墓所写真にて確認。


平野富二 。1846年10月4日 - 1892年12月3日、 実業家。
長崎出身。矢次豊三郎の子。平野家に養子に入る。長崎製鉄所兼小菅造船所長となり、後の三菱造船所の基礎を築く。日本最初の民間造船所である石川島平野造船所(石川島播磨重工の前身)を創業。家紋は車挟み六つ矢車。画像は谷中霊園の墓所にて撮影。


坂崎紫瀾 。1853年12月18日 - 1913年2月17日、 報道記者。
江戸出身。江戸鍛冶橋の土佐藩邸で生まれる。読みは、さかざきしらん。「土陽新聞」紙面上にて坂本龍馬を主人公にした伝記小説『汗血千里駒』を連載する。NHK大河ドラマ「龍馬伝」では浜田学が演じた。家紋の丸に割り違い矢紋は雑司が谷霊園にて撮影。


高峰譲吉 。1854年11月3日 - 1922年7月22日、 科学者。
越中国高岡出身。漢方医高峰精一の長男。世界で初めてアドレナリンの結晶抽出に成功。また、タカヂアスターゼを発明し、独占販売権を持つ三共(現在の第一三共)の初代社長に就任する。家紋は八本矢車紋。肖像写真、NYの墓碑写真より判断。


寺尾寿 。1855年11月4日 - 1923年8月6日、 天文学者。
福岡藩士・寺尾喜平太の長男として、筑前国那珂郡春吉村に生まれる。文部省准奏任御用掛となり、日本において初めて子午環を用いた緯度測定を行う。日本天文学会を創立し、初代会長に就任。家紋は三つ重ね矢紋。画像は青山霊園の墓所にて撮影。


武富時敏 。1856年1月16日 - 1938年12月22日、 政治家。
佐賀藩出身。藩士・武富良橘の長男。読みは、たけとみときとし。第1次大隈内閣書記官長、第2次大隈内閣逓信大臣及び大蔵大臣を務める。憲政会が結成されると総務に就任。後見人的存在でありつづけた。家紋は丸に弓矢紋。画像は青山霊園にて撮影。


芳村伊十郎(6代) 。1859年1月20日 - 1935年10月3日、 長唄師。
本名は鵜沢徳蔵。駿河国藤枝で5代目富士田千蔵の元で修行。16歳で上京し5代目芳村伊十郎の弟子となり芳村金五郎、続いて5代目芳村伊四郎を襲名。1890年に歌舞伎座で立唄に昇進し、後に6代目伊十郎を襲名。家紋は八つ矢車紋。画像は青山霊園にて撮影。


小倉常吉 。1865年9月 - 1934年1月1日、 実業家。
埼玉県深谷出身。旧姓は柴崎。先代常吉の養子となる。石油販売業をはじめ、第1次大戦後、原油の輸入と精製に取りくむ。小倉石油を設立し日本石油と合併。日本の石油王といわれた。一方で、向島百花園を買い取り都に寄付。画像は多磨霊園にて撮影。


稲田龍吉 。1874年3月18日 - 1950年2月27日、 細菌学者。
愛知県名古屋市出身。ワイル病の病原体スピロヘータを発見し、ノーベル生理学・医学賞の候補となる。九州や四国の風土病だった出血性黄疸の病原体もワイル病病原体と同じであることを立証。家紋は丸に一つ矢紋。画像は青山霊園の墓所にて撮影。


服部伸 。1880年6月2日 - 1974年12月4日、 講談師。
東京浅草出身。父は俥屋を営んでいた。本名は、服部辰次郎。初めは浪曲師として啖呵で人気を博し、一心亭辰雄と改名。啖呵の辰雄、声のいいのが雲右衛門と称された。勲五等双光旭日章を受章。家紋の矢尻付き三本違い矢紋は台東区潮江院にて撮影。


堀悌吉 。1883年8月16日 - 1959年5月12日、 海軍軍人。
大分県杵築市出身。矢野家に生まれるが士族・堀正治の養子となる。ロンドン海軍軍縮会議において、山梨勝之進を補佐した(条約派)が、艦隊派が主動したいわゆる大角人事により予備役に編入された。家紋は丸に並び矢紋。画像は豪徳寺にて撮影。


宇垣纏 。1890年2月15日 - 1945年8月15日、 海軍軍人。
岡山県赤磐郡出身。宇垣一成陸軍大将、宇垣完爾海軍中将とは遠戚。読みは、うがきまとめ。太平洋戦争開戦時の連合艦隊参謀長。ポツダム宣言受諾直後、航空特攻にて死亡。最終階級は海軍中将。家紋は丸に違い矢紋。画像は多磨霊園の墓所にて撮影。


高野源進 。1895年3月15日 - 1969年1月4日、 内務官僚。
福島県北会津郡北会津村出身。読みは、たかのげんしん。官僚としては主として警察畑を歩き山梨県知事・警視総監などを歴任したが、特に原爆被災時の(官選)広島県知事を務めたことで知られる。家紋の丸に並び矢紋は多磨霊園の墓所にて撮影。


森信三 。1896年9月23日 - 1992年11月21日、 哲学者。
愛知県知多郡武豊町出身。端山家に生まれるが後に、森家の養子となる。「人生二度なし」の真理を根本信条とする実践哲学を確立した。主著は『修身教授録』『哲学叙説』『恩の形而上学』など。家紋の丸に違い矢紋は、墓所写真にて確認。


徳永直 。1899年1月20日 - 1958年2月15日、 小説家。
熊本県飽託郡花園村に貧しい小作人の長男として生まれる。読みは、とくながすなお。労働者出身のプロレタリア作家として活躍。主著に『太陽のない街』『光をかかぐる人々』『はたらく一家』等。家紋は丸に違い矢紋。画像は多磨霊園の墓所にて撮影。


村野四郎 。1901年10月7日 - 1975年3月2日、 詩人。
東京府出身。スポーツを題材にした詩にベルリン・オリンピックの写真を組み合わせた斬新さと新鮮な感覚が注目を浴びる。代表作は『罠』『亡羊記』。村野四郎記念館が府中市郷土の森博物館内にある。家紋は丸に八つ矢車紋。画像は多磨霊園にて撮影。


栗原貞子 。1913年3月4日 - 2005年3月6日、 詩人。
広島市出身。1945年8月6日に爆心地の4キロ北の自宅で被爆。反戦・平和を訴え続ける。『生ましめんかな』は代表作。戦後は夫の栗原唯一とともに執筆活動を行い、反戦・平和を訴え続けていた。1990年第3回谷本清平和賞受賞。家紋は丸に違い矢紋


有吉佐和子 。1931年1月20日 - 1984年8月30日、 小説家。
和歌山県和歌山市出身。曽祖父は長州藩士の有吉熊次郎。カトリック教徒。『地唄』が文學界新人賞候補、ついで芥川賞候補となり文壇デビュー。代表作は『紀ノ川』『恍惚の人』。家紋は一重亀甲に並び矢。画像は小平霊園の墓所にて撮影。


石原裕次郎 。1934年12月28日 - 1987年7月17日、 俳優・歌手。
兵庫県出身。山下汽船に勤める父・石原潔 母・光子の次男。石原プロモーション創始者。元東京都知事の石原慎太郎は実兄。代表出演作『嵐を呼ぶ男』『太陽の季節 』『黒部の太陽』等。永遠の大スター。家紋は七つ矢車。画像は総持寺にて撮影。


西川きよし 。1946年7月2日 - 、 お笑い芸人。
高知県高知市出身。大阪市育ち。本名は、西川潔。横山やすしとの漫才コンビ「やすしきよし」で活躍し、漫才ブームの火付け役となる。吉本興業では、桂文枝笑福亭仁鶴と共にトップに君臨。1986年から三期18年に渡って参議院議員も務めた。


山崎博昭 。1948年11月12日 - 1967年10月8日、 学生活動家。
高知県出身。京都大学の学生。第1次羽田事件において、弁天橋における機動隊との衝突の際、死亡した。死後、日比谷野外音楽堂において、虐殺抗議・山崎博昭君追悼中央葬が開催された。家紋の輪違いに違い矢紋は平和台霊園にて撮影。


森昌子 。1958年10月13日 -、 歌手、女優。
栃木県宇都宮市出身。本名は、森田昌子。前夫は森進一。『せんせい』で歌手デビュー。山口百恵桜田淳子と共に花の中三トリオと呼ばれる。家紋の違い矢紋は、生家・森田家の家紋で、1980年頃の雑誌記事「これがアイドルスターの家紋だ!!」による。


小森みち子 。1960年3月6日 -、 元女優、歌手。
福島県いわき市出身。本名は、森光子。アイドルグループ、トライアングル(7枚のシングルを発売)のメンバーの一人。後にポルノ女優に転身して話題となる。家紋の丸に違い矢紋は、1980年頃の雑誌記事「これがアイドルスターの家紋だ!!」による。


田原俊彦 。1961年2月28日 -、 歌手、俳優、タレント。
山梨県甲府市出身(生まれは神奈川県横須賀市)。『3年B組金八先生』で共演した近藤真彦野村義男の三人で「たのきんトリオ」の愛称で人気を博す。家紋の丸に違い矢紋は、1980年頃の雑誌記事「これがアイドルスターの家紋だ!!」による。


世耕弘成 。1962年11月9日 - 、 政治家。
大阪府大阪市天王寺区生まれ。父は近畿大学第3代理事長世耕弘昭(弘成自身は第4代理事長)。祖父は政治家・世耕弘一。第3次安倍第2次改造内閣で経産相に就任。家紋は丸に矢尻付き三本重ね矢。画像は多磨霊園の世耕家の墓所にて撮影。


高岡早紀 。1972年12月3日 -、 女優。
神奈川県藤沢市出身。本名は高岡佐紀子。元夫は俳優の保阪尚希。映画 『忠臣蔵外伝 四谷怪談』に出演し、ヌードを披露。日本アカデミー賞の最優秀主演女優賞などを受賞。家紋は違い矢紋。画像は、実妹の高岡由美子のオフィシャルブログにて確認。


豊ノ島大樹 。1983年6月26日 -、 大相撲力士。
高知県宿毛市出身。本名は、梶原大樹。時津風部屋所属。家紋は丸に並び矢紋。現在、現役では最も背の低い関取であるが、最高位は関脇。琴奨菊とは学生時代からの良きライバル。画像は自身のブログより。多度神社(神紋は桐紋)豆まきの時のもの。

有名人の家紋索引(あ行~さ行) (た行~わ行)
まさむね

Leave your response!

You must be logged in to post a comment.