Home » 歴史・家紋

轡紋(十字紋) -馬を制御する馬具- 島津斉彬、寺山修司、田辺誠一...

22 12 月 2011 No Comment


轡は馬の口にはめて馬を制御するための馬具。轡紋は丸に十字紋と酷似してるため、このページに一緒に掲載した。

使用する有名人は以下。


塩原太助 。1743年2月26日 - 1816年10月5日、 豪商。
上野国利根郡新治村出身。勤勉な働きぶりで蓄財に励み、後に独立し、大商人に成長した。落語、歌舞伎の演目として「塩原多助一代記」は有名。戦前には立志伝型人物として教科書にも登場した。家紋の丸に十字紋は墓所写真にて確認。


高山彦九郎 。1747年6月15日 - 1793年8月4日、 尊皇思想家。
上野国新田郡細谷村の郷士高山良左衛門の二男として生まれ。先祖は平姓秩父氏族である高山氏出身とされている。勤王の志を持ち、各地を遊歴して勤王論を説く。家紋は京都三条大橋にある皇居望拝姿の台座の丸に十字と鶴の丸。


村田清風 。1783年5月26日 - 1855年7月9日、 長州藩家老。
長門国大津郡三隅村沢江に長州藩士村田光賢の長男として出生。読みは、むらたせいふう。藩主毛利敬親のもとで藩政改革に手腕を振るい財政再建させる。また、教育普及においても力を注いだ。家紋は菊輪に丸に十字紋。画像は村田家紋入陣笠画像


島津斉彬 。1809年4月28日 - 1858年7月16日、 大名。
薩摩藩の富国強兵に成功した幕末の名君の一人。後に西郷隆盛ら幕末で活躍する人材も育て上げた。日本の国旗である日章旗を初めに提案した。丸に十字は薩摩・島津家家紋として有名。画像は護国寺の島津家の墓。


宮部鼎蔵 。1820年4月 - 1864年7月8日、 志士。
肥後国益城郡田代村出身。熊本藩士。読みは、みやべていぞう。幕末、京都を中心に尊皇攘夷の活動を行なう。池田屋で会合中に新選組に襲撃され、奮戦するが自刃する(池田屋事件)。家紋の轡菱紋は隅立て角に近い。小峰墓地にて撮影。


陣幕久五郎 。1829年6月4日 - 1903年10月21日、 大相撲力士。
出雲国意宇郡出身。第12代横綱。徳島藩、松江藩の抱え力士を経て最後は薩摩藩の抱え力士となる。通算成績は幕内19場所87勝5敗17分3預65休、勝率.946。優勝相当成績5回。家紋の丸に十字は薩摩藩のお抱え力士ゆえか。


五代友厚 。1836年2月12日 - 1885年9月25日、 実業家。
記録奉行の五代直左衛門秀尭の子として生まれる。大阪株式取引所(現・大阪証券取引所)、大阪商業講習所(現・大阪市立大学)、共同運輸会社、阪堺鉄道(現・南海電気鉄道)などの創設に関わる。家紋は丸に組み違い十字久留子紋と抱き杏葉紋。


村田経芳 。1838年7月30日 - 1921年2月9日、 陸軍軍人。
薩摩国出身。藩士の長男。読みは、むらたつねよし。戊辰戦争では外城一番隊長として従軍し、鳥羽・伏見の戦いなど東北各地を転戦した。最初の国産銃・十三年式村田銃を開発した。最終階級は陸軍少将。家紋の丸に十字紋は、「華族家系大成」による。


田中芳男 。1838年9月27日 - 1916年6月22日、 博物学者。
信濃国飯田中荒町に生まれる。パリで行われた第4回万国博覧会、ウィーン万国博覧会に責任者として派遣される。博物館という名称を生み出し殖産興業の指導に尽力。元老院議員、貴族院議員。家紋は丸に十字紋。画像は谷中霊園の墓所にて撮影。


島津源蔵 。1839年6月25日 - 1894年12月8日、 実業家、発明家。
京都出身。醒ヶ井魚棚で仏具の製造をしていた島津清兵衛の次男。教育用理化学機器の製造を始め島津製作所を創業。家紋の丸に十字は先祖の井上惣兵衛尉茂一が島津義弘から「島津」の姓とともに与えられたという。画像は島津製作所社章より。


村橋久成 。1840年 - 1892年10月、 実業家。
薩摩藩主島津家一門、加治木島津家の分家に生まれる。読みは、むらはしひさなり。北海道開拓使に採用され麦酒醸造所建設の責任者となる。現在のサッポロビール生みの親として語り継がれる。家紋は丸に十字紋。画像は青山霊園の墓所にて撮影。


岩谷松平 。1850年6月 - 1920年3月10日、 実業家。
薩摩国出身。郷士・岩谷卯之助の二男。読みは、いわやまつへい。薩摩物産販売店”薩摩屋”を開き、成功を収める。また、煙草販売業「天狗屋」を開業。自邸内に20数人の愛人を囲い、男女21人の子を儲けて話題となった。画像は青山・梅窓院にて撮影。


横田国臣 。1850年9月14日 - 1923年2月24日、 司法官僚。
豊前国宇佐郡出身。島原藩士・横田宗雄の長男。読みは、よこたくにおみ。検事総長を経て、大審院院長(現在の最高裁判所長官)まで昇りつめた。後に、和仏法律学校(現法政大学)校長となる。家紋は丸に十字紋。画像は谷中霊園の墓所にて撮影。


松永正敏 。1851年6月29日 - 1912年2月18日、 陸軍軍人。
肥後国山鹿郡中富村分田出身。西南戦争、日清戦争に出征。日露戦争では、歩兵第3旅団長として出征し、鴨緑江会戦から沙河会戦までを戦い、奉天会戦直前に第3軍参謀長に転じた。最終階級は陸軍中将。家紋の轡紋は、中野区・正見寺の墓所にて撮影。


小田川全之 。1861年4月1日 - 1933年6月29日、 土木事業家。
江戸小石川出身。旧幕臣小田川彦一の長男。読みは、おだがわまさゆき。足尾鉄道株式会社を創立し国有鉄道になるまで取締役社長として活躍。鉱業発達史上に重大な役割を演じた。安全第一の先駆者。家紋は丸に十字紋。画像は多磨霊園の墓所にて撮影。


原田直次郎 。1863年10月12日 - 1899年12月26日、 洋画家。
江戸出身。父・原田一道は江戸幕府旗本。兄の原田豊吉は地質学者。ドイツに留学し、その地で森鴎外と交友を結ぶ。代表作の「靴屋の阿爺」は重要文化財に指定される。家紋は丸に卍。画像は谷中霊園にある甥・熊雄(政治家)の墓にて撮影。


吉田磯吉 。1867年 - 1936年1月17日、 実業家・政治家。
筑前国遠賀郡芦屋村出身。父は松山藩士の家に生まれたが脱藩している。「かわひらた船」での石炭輸送で成功し、芦屋鉄道社長などを勤めたのちに、憲政会に所属し、衆議院議員になる。家紋の丸に十字紋は、墓所写真にて確認。


徳田真寿 。1867年6月17日 - 1944年、 古銭・切手収集家。
肥前国松浦郡出身。読みは、とくだしんじゅ。天下の奇人と称された。紋付きの洋服に袴ばき、シルクハットと特大の懐中時計を携行という特異な姿で、鉄道の運賃始め旅先ではすべて一銭銅貨で支払ったという。家紋の丸に十字紋は墓所写真にて確認。


中村是公 。1867年12月18日 - 1927年3月1日、 実業家・政治家。
安芸国佐伯郡に酒造業・柴野宗八の五男として出生。読みは、なかむらよしこと。南満洲鉄道株式会社総裁、鉄道院総裁、東京市長、貴族院議員などを歴任。夏目漱石の親友としても知られる。家紋は丸に十字紋。画像は雑司ヶ谷霊園の墓所にて撮影。


出口王仁三郎 。1871年8月27日 - 1948年1月19日、 宗教家。
京都府亀岡市出身。読みは、でぐちおにさぶろう。大本教の教祖の一人。もう一人の教祖は出口なお。生家は農家の上田家。出口家の入り婿となり名前を出口王仁三郎とする。出口家の家紋は抱き茗荷。上田家の家紋は丸に十字。大本教の神紋は十曜紋。


田辺治通 。1878年10月17日 - 1950年1月30日、 政治家。
山梨県出身。酒造業者の次男。読みは、たなべはるみち。大阪府知事・逓信大臣・内務大臣を歴任。第2次護憲運動の際に清浦内閣とつながる特権官僚として糾弾される。平沼内閣が成立すると、内閣書記官長に就任する。家紋は丸に十字紋。


志賀直哉 。1883年2月20日 - 1971年10月21日、 小説家。
宮城県石巻市出身。祖父・直道は旧相馬中村藩主相馬家の家令。父・直温は明治期の財界人。白樺派を代表する小説家の一人。代表作は『暗夜行路』『小僧の神様』『城の崎にて』『清兵衛と瓢箪』。家紋は丸に十文字紋。画像は青山霊園の墓所にて撮影。


渡久雄 。1885年10月7日 - 1939年1月2日、 陸軍軍人。
東京府出身。読みは、わたりひさお。元老院議官となる渡正元の三男。陸軍大学校(25期)を優等で卒業。参謀本部課長時代には、リットン調査団の立会いに随行する。最終階級は陸軍中将。家紋は丸に十字紋。青山霊園の墓所にて撮影。


島津保次郎 。1897年6月3日 - 1945年9月18日、 映画監督。
東京神田区駿河台の老舗海産物商の息子。読みは、しまずやすじろう。小山内薫の門下生として松竹に入社。多くの作品で庶民生活を生き生きと活写しメロドラマの名手となる。代表作は『兄とその妹』『麗人』『嫁ぐ日まで』等。家紋は丸に十の字紋。


迫水久常 。1902年8月5日 - 1977年7月25日、 官僚、政治家。
東京府出身。読みは、さこみずひさつね。二・二六事件の際、岡田首相を救済。また、内閣書記官長として終戦工作に携わる。政治家としては経企庁長官、郵政大臣等を歴任。家紋は丸に丸に花付十字紋と輪違いに水紋。画像は多磨霊園の墓所にて撮影。


内藤頼博 。1908年3月12日 - 2000年12月5日、 弁護士、教育家。
東京府豊多摩郡内藤新宿町出身。読みは、ないとうよりひろ。旧信州高遠藩主内藤子爵家の第14代当主。弁護士業の傍ら、多摩美術大学理事長、学習院院長等を歴任。家紋は丸に十字紋、下り藤紋。画像は新宿・太宗寺の内藤家墓所にて撮影。


田英夫 。1923年6月9日 - 2009年11月13日、 政治家。
東京都出身。貴族院議員・田健治郎の孫。『JNNニュースコープ』の初代メインキャスターとなる。参議院議員として日本社会党、社会民主連合、新党護憲リベラル、平和・市民、社会民主党と所属政党を移した。画像は多磨霊園の田家の墓所にて撮影。


団鬼六 。1931年4月16日 - 2011年5月6日、 小説家。
滋賀県彦根市出身。本名は黒岩幸彦。よみは、だんおにろく(だんきろく)。初期のペンネームは花巻京太郎。SMものなどの官能小説の第一人者として著名。代表作は『花と蛇』『黒薔薇夫人』。家紋は丸に十字紋。肖像画、墓所写真にて確認。


寺山修司 。1935年12月10日 - 1983年5月4日、 歌人、演出家。
青森県弘前市紺屋町生まれ。本籍地は青森県上北郡六戸村。先祖は薩摩藩家老。メディアの寵児的存在で各方面に膨大な作品を残した。代表映画「書を捨てよ町へ出よう」「田園に死す」など。家紋の丸に十字紋は寺山修司記念館にて確認。


田宮高麿 。1943年1月29日 - 1995年11月30日、 活動家。
岩手県出身。赤軍派軍事委員会議長。よど号グループのリーダー。ハイジャック事件では実行の首謀者。長男・森大志は三鷹市議会議員選挙に市民の党から立候補したが落選。墓所は田宮家の菩提寺である新潟県新発田市の瑞雲寺。家紋は丸に十字紋。


田辺誠一 。1969年4月3日 - 、 俳優。
東京都出身。代表出演作「らせん」「フードファイト」等。2011/1/17のTwitterで自身がアフレコした「ケロロ軍曹」のキャラ(ナベベ)に対して「これが『ナベベ』でありますっ!田の字の家紋であります!」と発言したことより暫定的に丸に十字紋と判断。


島津亜矢 。1971年3月28日 - 、 演歌歌手。
熊本県鹿本郡植木町出身。本名は島津亜矢子。星野哲郎に弟子入り「第52回NHK紅白歌合戦」に「感謝状・母へのメッセージ」で初出場。「第66回NHK紅白歌合戦」に「帰らんちゃよか」で出場。家紋画像は島津亜矢ブランドの酒瓶に描かれた丸に十字紋。

有名人の家紋索引(あ行~さ行) (た行~わ行)
まさむね

Leave your response!

You must be logged in to post a comment.